https://www.relife-club.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/アサヒグローバル_木村.jpeg画像

4代目住宅FPグランドマスター

アサヒグローバルホーム株式会社三重県

木村 康之

三重県四日市市に位置するアサヒグローバル株式会社の社長を務める。

経歴:2001年に新入社員として同社に入社。2015年までに214件の家づくりを手掛ける。2019年に同社の社長に就任。家族のこれからの生活に寄り添い、その課題を解決する提案で多くのお客様から信頼を寄せられる。

住宅FP
グランドマスター
受賞者インタビュー

住宅営業で大事にしている事は何ですか?

お引渡し後に「最高の笑顔」になっていただくことです。

笑顔になれば幸せ感が出ます。その幸せな家族をたくさんつくるためのお手伝いをさせていただいていることが、仕事をする上でやりがいになります。

そのためには、プロとしての知識と技術を磨き続け、お客様に感動していただく対応をし続けることが営業の使命です。

そして感動を提供するためには「人間力」も大切です。たんに住宅営業としての能力だけでなく、魅力的な人になるための努力も惜しみません。

 

お客様に必ず伝えている事は何ですか?

アサヒグローバルでは、「お洒落で」「性能がよく」「お値打ちで」「物語があって」「幸せ感のある」家づくりができるとお伝えしています。

「お洒落」「性能」「お値打ち」はハード面での提供です。

明確な基準をもとに正しく比較購買していただける資料をお見せしています。

「物語」「幸せ感」はソフト面での対応で、当社の姿勢や考え方、目指すべき方向をお客様に動画やツールで示しております。

共感をいただいた方には、当社で決めるかどうかは関係なく精一杯「お役立ち」をすると宣言しています。

 

今後の抱負を教えてください。

「モノ」の訴求ではなく、「コト」を訴求することです。

初めての家づくりなので、どんなものが欲しいと言うよりも「どんな暮らしをしたいか」

をヒアリングしてからプランや土地のご紹介、資金計画を行うようにしています。

SNSの普及で暮らしのイメージは具体化できる時代です。

お客様の嗜好をより良く理解することで、予算内で実現出来る「コト」を提供する。そういう接客を心がけています。

そして、日本一と胸を張って言える家づくりが出来る会社、その会社でお客様のお役立ちをする営業も日本一、そんな集団をつくりあげたいです。

その他の
受賞者インタビュー