マイホームアカデミー
知って得する住まいとお金の話Lesson1 はじめにLesson2 住まいに関するヒサンな例Lesson3 失敗しないためのポイント

Lesson2:住まいに関するヒサンな例

平凡さん48歳、中堅建設会社、総務部長、年収750万円
「多くは望みません。平凡な老後が送れれば満足です。」
平凡なサラリーマンが夢見る平凡な老後。でも・・・現実は厳しかった!!

名前:平凡 かずお(仮名48歳)
家族:妻(45歳)長女(20歳)の3人家族
職業:地方都市にある中堅建設会社の総務部長
住まい:2LDK家賃12万円の賃貸マンション。10年ほど前に
マイホーム購入も考えたが、将来に対する不安から断念した。

平凡さんは、地元の高校を卒業した後、地元の建設会社に勤務。特に目立つ成果を上げたわけでも大きな失敗をしたわけでもなく、まじめに30年間、平凡なサラリーマン人生を送ってきました。

「平凡でしたが、この春長女も短大を卒業しましたし、親の役目は果たせたかなとほっとしています。」(平凡さん)

このままいくと、おそらく55歳くらいで子会社のビル管理の会社の役員あたりをやったあと60歳で定年退職。場合によっては年金がもらえる65歳までは嘱託社員として働かせてもらってから、幸せな年金暮らし、というパターンを予定しています。

平凡な人生に十分満足している平凡さんですが、唯一の心残りはマイホームを持てなかったことでした。
「いつかは一国一城の主に」との思いはずっとあり、10年程前には真剣に家族で考えました。でも平凡に生きてきた平凡さんは大きなローンを抱えることに対する不安がぬぐえずに断念しました。

「無事これ名馬ですよ。老後もこのまま質素な暮らしで、好きな釣りをやって、妻と年1回くらい温泉旅行でも行ければ十分ですね。」(平凡さん)

ではそんな平凡さん、平凡な老後は過ごせるのでしょうか。

収入は、55歳までは今のままの年収750万円が続き、その後子会社へ出向して560万円くらいまで下がるという計画です。定年時には退職金を500万円もらい、65歳までは嘱託社員として勤務して月25万円くらいもらうことにしています。

しかし60歳以降はずっと家計の収支は赤字となってしまいます。63歳のときには貯蓄が底をつき、75歳の時には負債が2000万円を越えてしまいます。
老後の毎月の生活費は夫婦2人で25万円と普通ですが、原因はどうやら家賃負担の12万円が重くのしかかっているようです。

月の負担は生活費25万円+家賃12万円=37万円となります。

夫婦2人の年金収入額は月30万円程度ですから、1年で約80万円ずつ負債が増えていくことになります。
平凡さん、このままでは老後は夫婦2人で温泉旅行どころか、スーパー銭湯でお風呂掃除ということになりそうです。

ちなみにもしマイホームを買っていた場合は↓のようになります。
35歳で2500万円のローンを25年3%で組んでいた場合です。
60歳でローンは完済していますので、老後の生活がかなり楽になっていますね。

これはほんの一例ですが、こんな風に住まいは一生に関わってくることなので、早めに計画をたてておくことが必要なんですね。計画は緻密に、行動は大胆に、マイホームアカデミーでしっかり研究しましょう。